クラミジアの治療費はいくらくらいかかる?バレずに検査できる検査キットの料金は?

クラミジア 治療費

性行為で感染する可能性が高いクラミジアですが、初めて性病になった方は不安がいっぱいのはずです。治療費や検査にいくらくらいかかるのか、家族や友人にバレないか。クラミジアをはじめとする性病は保険適用なのか自由診療なのかによって大きく治療費が異なりますし、検査の方法も様々あります。
そんな方のために、今回の記事では「ばんどうクリニック堀切菖蒲園駅前」院長であり泌尿器科専門医かつ性感染症認定医である坂東が

  • クラミジアの症状
  • クラミジアの治療費
  • 保険適用診療と自由診療の違い

などについて解説いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

1、治療費の前に!まず知っておきたいクラミジアの症状

(1)男性の症状

男性の場合、主に尿道と咽頭部(のど)の2箇所です。尿道に感染した場合、排尿の際に痛みや違和感を覚えるようになります。
これは尿道にクラミジアによる炎症が起きることが原因です。さらに、尿道からさらさらとした分泌液が出て下汚すこともあり、放置しておくと睾丸全体がいた見出します。
この段階では精巣にクラミジアが侵入しているため、男性不妊のリスクが増大します。
咽頭部に感染した場合には、喉のイガイガや痒みのような非常に風邪と近い症状が現れるためクラミジアと気づかないケースも珍しくありません。

(2)女性の症状

女性の場合、男性に出る症状の場所に加えて膣や子宮頸管にも症状が現れます。
女性が膣や子宮頸管に感染すると、おりものの量が増えたり不正出血が起こることがあります。放置していると不妊症のリスクが増大します。

クラミジアは男性で5割、女性で7〜8割が症状に気づかないと言われています。気がつかないまま性行為を行うことで周囲に感染を広げてしまうのです。少しでも気になることがあったら検査を受けることが自分だけでなく周りの人のためでもあるのです。

ただし、クラミジアは性行為以外では感染しないため、一緒に生活を共にする人がお風呂やプール、トイレ、衣類などから感染することはありません。そういった意味では普段の生活上は、必要以上にナーバスにならなくてもいい性病といえます。

2、クラミジアの治療費ってどのくらい?

クラミジアの治療をするにはまず検査を行い、クラミジアに感染していることを確定してから、投薬により治療をする必要があります。治るまで薬を飲み続ける必要があるため、長期化すればそれだけ費用がかかります。

クラミジアに限らず、病気の治療には保険適用診療と自由診療があります。クラミジアをはじめとした性病の治療は、他の医科と比べても自由診療しか行っていない病院が多いです。

つまりよく調べずに病院に行くと保険適用外だったので高額な費用がかかってしまうケースがあります。
本章では、保険適用診療と自由診療の費用感の比較やそれぞれのメリット・デメリットも詳しく説明します。

(1)即日検査

即日検査は手軽にクラミジアかどうかを知ることができる方法です。検査方法としては検査キットを郵送で受け取り尿などの採取を行うか、即日検査に対応している病院で検査を受けることになります。ほとんどの場合、保険適用外の自由診療です。

費用感ですが、検査キットや病院によってかなりばらつきがあります。

  • 一般的なクラミジアの検査キット:4,000〜6,000円程度
  • 病院でのクラミジアの即日検査:8,000〜10,000円程度

検査キットの場合、結果は即日出ますが、検査キットを受け取り返送するまでのタイムラグがあるので、実際には申し込んでからクラミジアかどうか判明するまで3〜4日程度と認識しておいた方が良いでしょう。

病院での即日検査は検査を受けてから15分程度で結果が出ます。ただし、保険適用外の自由診療になるため費用が高額であり、病院によって価格設定にかなりばらつきがあります。クラミジアだけでなく他の性病もチェックできるメニューだと、15,000円程度になることは珍しくありません。

(2)性病検査

通常の検査期間の性病検査は、結果が出るまで3〜4日かかります。こちらは保険適用ができる病院も多いので、費用を抑えることが可能です。

  • 保険適用のクラミジア検査:2,400円前後
  • 自由診療のクラミジア検査:3,000〜10,000円

保険適用の場合は法律により料金が決まっているため、どこの病院でもほぼ同じ2,400円前後で検査と診察を受けることが可能です。自由診療の場合は病院によって自由に価格設定ができるため、幅がかなりあります。

(3)性病治療

クラミジアであることが確定した後は投薬治療に入ります。通院による施術等は基本なく、治療が終わるまでは診察を受けて処方薬を受ける繰り返しです。薬を飲むだけなので意外に楽と感じますが、気になるのは処方薬の代金です。

  • 保険適用のクラミジア処方薬(1週間分):1,000円前後
  • 自由診療のクラミジア処方薬(1週間分):3,000〜10,000円前後

やはり、保険適用の方が金銭的負担が大幅に軽いです。保険適用の場合、患者は実費の3割負担なので実費3000円程度の処方箋であれば3000円×0.3=900円程度支払えば良いという計算です。

3、保険適用診療と比較したクラミジアの治療費における自由診療のメリット

前章で紹介した料金形態だけを見ると「自由診療はとても高いからメリットがない」と感じてしまうかもしれません。

しかし、確かに金銭的なところでは負担が大きくなる一方で、自由診療にもメリットはあります。

(1)自由診療のメリット

自由診療の場合は下記のようなメリットがあります。

  • 高精度な検査を受けることができる
  • 高度な医療を受けることができる
  • 家族や職場にバレない

保険が効かない自由診療は逆に言うと「厚生労働省に認可されていない検査方法や治療を自由に行うことができる」ということでもあります。つまりまだ国内では認可されていないけれども海外では効果が実証されているような検査や治療が可能なのです。

さらに、自由診療の場合は家族や職場にバレません。保険内診療を行った場合、毎年「医療費のお知らせ」という書面が届きます。これは医療費控除の申告をするためのものであり、受診した医療機関が明記されています。○○性病クリニックや○○泌尿器科医院と記されているのを職場や家族を見て、性病になっていることを疑われる危険性は高いのです。自由診療の場合はこの「医療費のお知らせ」が届かないため、受診した本人と医師以外には性病であることを知る人はいません。

(2)自主検査も自由診療に含まれる

自由診療には病院で受けるものだけでなく、検査キットでの自主検査も含まれます。郵送で全てが完結する検査キットは、精神的負担も軽くできるはず。

検査キットの受け取り方法も自宅ではなく郵便局留めや配送業者の事業所、コンビニなどを選べることが多いです。もちろん「医療費のお知らせ」は届きません。

4、そもそもクラミジアの原因って

クラミジアにかかる原因は性行為です。性器だけでなく喉も感染するため、本番行為なしのクンニやフェラチオなどオーラルセックス、粘膜が触れ合うレベルのキスでも感染する可能性があります。異性同性同士のアナルセックスも感染する可能性が高いです。

感染を予防するには行為を行うときはコンドームを使用すること。また、怪しいなと感じた相手との行為を控えることです。普段から不特定多数との性行為を行う生活をしているケースでは当然感染確率は高まります。

風俗店勤務のキャストはお店から月一程度の性病検査を義務付けられているケースが多いため、感染していれば出勤停止になります。しかし、素人だと症状が出なければそのまま性行為を行い感染を広げてしまうのです。

特に女性の場合は無自覚な感染者が多く、20代だと20人に3人、10代だと10人に3人がクラミジアに感染しているというデータもあります。クラミジアは若年層の性行為において特にリスクが高い性病です。

参考:性感染症報告者数:厚生労働省

不特定多数との性行為はリスクがあることを認識し、コンドームをつける等の対策をしっかり行いましょう。おかしいと感じたらすぐに検査や診療を受けましょう。

5、クラミジアの症状が出た時の対処法

クラミジアの症状が出たらどのように対応したら良いのでしょうか。風邪などの普通の病気のように病院に行く以外にも方法はいくつかあります。クラミジアかどうかだけまず知りたい、バレたくない、安く済ませたいなど、希望に沿った方法を選びましょう。

(1)まずはクラミジアに感染しているかを確かめる

クラミジアに感染しているかどうか確かめるには、病院や保健所を受診する方法と検査キットを使用して自分で検体を採取する方法があります。検査費用や手軽さが異なるので、自分にあった方法を選びましょう。

①専門機関に診てもらう

病院を受診して検査をする場合は、前述したように病院の設定する料金が発生します。検査結果は比較的早くわかり、即日もしくは1週間以内にクラミジアかどうかが確定します。

保健所でも検査を行うことができ、実は無料で検査が可能です。ただし、保健所は予約制のため、連絡してから検査日まで1週間程度待たされる可能性があります。また保健所はクラミジアであることが確定しても治療は受けられません。新たに病院を探して治療を受ける必要があります。また、保健所全てがクラミジア検査に対応しているわけではないため、場合によっては遠方まで出向く必要があります。

さらに検査結果が出るまでに1〜2週間かかり、結果は保健所にまた聞きに行かなければいけません。

②検査キットを利用する

郵送の検査キットは検査をするだけなら非常に手軽な方法です。届いた検査キットに指示に従い尿を入れ、返送するだけでクラミジア検査ができます。

「家に検査キットが届いたらクラミジアにかかっていることがバレてしまうのではないか」と心配な方もいるかもしれません。多くの検査キットはコンビニや郵便局での受け取りが可能ですし、差出人名を検査機関ではなく個人名にするなどの配慮をしています。どのような方法で受け取れるか申し込み時に確認してみましょう。

自由診療にはなりますが、同じ自由診療でも医療機関を受診するよりは安いです。また、郵送なので交通費や時間もかかりません。

(2)クラミジアに感染していたら治療を受ける

検査の結果クラミジアに感染していたことが確定したら、医療機関で治療を受けましょう。泌尿器科か性病科、女性の場合は婦人科がある病院を探します。

保険適用の病院か自由診療の病院かもよく確認しましょう。性病の治療を受けられる病院は自由診療にしか対応していないことが多々あります。自由診療であれば海外で実証済みの効果が出る薬よる治療を受けられる可能性がある一方、非常に高額な医療費がかかります。また、自宅や職場に「医療費のお知らせ」が届かないため、会社や家族にバレません。

費用を抑えてクラミジアの治療を受けたいのであれば、保険適用の病院を選ぶ必要があります。受診の際は検査結果用紙を持参し、クラミジアと診断されていることを伝えましょう。その病院で検査を受けた場合は必要ありませんが、検査キットや保健所、別の病院で検査を受けた場合は必須です。

まとめ

クラミジアは性行為を行う男女であれば誰しもかかる可能性がある病気です。初めてかかった方はショックも大きいでしょうが、正常な人間生活を営む上では避けては通れない病気とも言えるので落ち着いて対処する必要があります。

一番よくないのは「ちょっと気になったけれども様子も落ち着いてきたし大丈夫だろう」と放置すること。クラミジアは男性で5割、女性で7〜8割が感染に気づかないといわれ、知らずに周囲に移してしまう可能性が高いです。自分のためだけでなく周囲の大切な人のためにも、怪しいと思ったらまずは検査を受けてみましょう。

検査を手軽に受けるのであればまずは郵送で受取・返送でき、3〜4日ほどで結果もわかる検査キットがおすすめです。 その後費用を抑えて治療したいのであれば保険適用の病院、費用がかかっても職場や同居人に絶対バレたくないのであれば自由診療の病院といった選び方で治療を受ける流れです。

記事監修

坂東 重浩ばんどうクリニック堀切菖蒲園駅前 院長
東京慈恵会医科大学での泌尿器科診療をはじめ、内科や、腹腔鏡手術や内視鏡手術などの先端医療、皮膚科専門医の指導を受け皮膚科疾患診療にも従事。

〈資格〉日本泌尿器科学会 専門医・指導医/日本がん治療認定医/日本性感染症学会 認定医/日本医師会認定 産業医/泌尿器腹腔鏡技術認定医/難病指定医/緩和ケア研修終了/ 〈所属学会〉日本泌尿器科学会/日本内科学会/日本皮膚科学会/日本透析医学会/日本性感染症学会/日本泌尿器内視鏡学会/

http://bando-clinic.com/

購入・お問い合わせ・相談窓口

バクテリアラボでは性病検査の専門員がしっかりとサポート。
初めて性病検査を受ける方のご不安や悩みに寄り添い、一緒に考え解決します。
検査サービスに関するご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。